FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手に入れるために捨てるんだ

揺らした天秤が掲げたほうを。



こんばんわ。寝不足気味のNo.13です。今日は

BUMP OF CHICKEN の 「同じドアをくぐれたら」

です。すごくいい曲ですので是非一度。


かなりどうでもいいですが、
俺がヲタクだってことはかなり浸透していたようです。
そ、そーだったのか(◦д◦*)
今日給食中の放送で流れた曲を、俺が
「この曲なんだっけ?どっかで聞いたことあるんだけど・・・」
っていったら、別にそっちの話でしゃべったりしてない友達が
「お前が知ってるならアニソンだろw」
って言ってきた。周りも笑ってるし。

未だに分かってないんだけど、知ってる人いたら教えて~
「いーじゃん、いーじゃんすげーじゃん」ってやつ。

隠す必要もないと思うので最近はオープンでしたがね。
まぁ引かれてないなら良いですよね。うん。







・・・・・・・・・・・・そんだけだよ? この話もう展開しないよ?
なんか伝えたいことはたくさんあるんですけどね。
上手く言葉にできないっていうか・・・
まぁ徐々に「ボク」という存在を伝えていきます。

ではこの辺で。




キミが下を向くから、

ボクは君の瞳に映らない。

でも、ボクの瞳にキミは確かに映っているから。

だから、少しだけ・・・

少しだけでいいから顔を上げて。

_________

何も言わなくてもいい。

ただ

ただ

ボクの瞳を見つめて。

ボクは何もできないけど、

それでも・・・








この詩のイメージは


大人しく、仲間外れにされがちな「キミ」
昔同じ経験のあった「ボク」
「キミ」は孤独が辛くて、辛くて。
「ボク」は昔の自分を見るようで辛くて。
だから、あの時「ボク」を支えてくれた人に今度は自分がなろう。
皆が「キミ」を見なくても、「ボク」の世界に「キミ」はいるから。


というイメージ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nomver13.blog51.fc2.com/tb.php/61-afdcb9fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。